Access
木村 玉舟
Gyokusyu Kimura
Profile
備前焼・陶彫作家であると同時に、その枠にとらわれることなく、ブロンズ、その他の分野でも独特のPhilosophyと世界観を展開している。また、アートディレクターとして活躍する傍ら、若手の育成にも力を注いでいる。 白備前の再興、金彩備前など新製法を考案、 今年の干支の虎の置物では黒備前に挑戦する。 1953年 16代窯元木村宗徳の長男として生まれる。 1976年 名古屋芸大卒業、県展岡山市長賞 1977年 日彫展入選 1978年 日展入選以後30回、県展津山市長賞 1979年 県展30回記念特別賞以後無審査 1986年 岡山山陽新聞社大賞 1987年 日展会友となる、県展招待となる。 1991年 焼きしめ陶公募展記念賞 1994年 白備前完成する、信楽陶芸展入選 1996年 白日会入選、以後3回 1997年 焼きしめ陶公募展入選 1998年 芸術クラブ大賞受賞 1999年 芸術クラグ奨励賞受賞 2001年 神戸女子大大瀬戸短期大学講師 2002年 兵庫県龍野市・赤穂市美術展審査員 以後、嘱託される。 2003年 岡山県展審査員となる。 2005年 兵庫県赤穂市・太子町美術展審査員となる。 現在 県展審査委員長・備前焼陶友会会員 日展会友・日本彫刻会会員・日本彫刻会副会長 兵庫県赤穂市太子町美術展審査員 山陽新聞・OHKカルチャー講師