Access
About Making Procces
制作プロセスについて
ロクレールとは、「ロック(岩)」と「クリア(輝いた)」を組み合わせた造語で、「輝く光の岩」を意味し、技術全般を表す言葉です。
25~30mmの厚みのあるダルグラスをハンマーで彫刻のように大胆にカットし、エポキシ樹脂で結合させた独自の技法で、ガラスの輝きとエポキシ樹脂の黒が、光と影をダイナミックに表現しています。ガラスは手作りであるため、1枚1枚それぞれに表情があり、ハンマーでカットすることにより、あたたかみとシャープさがあいまった光を生み出しています。 ガラスとエポキシ樹脂の接着については研究を重ね、ガラスと樹脂を分子結合されることにより、熱変化、紫外線、水などに対して、ほかに比べるものがない程、優れた性能の制作技法です。
ここではロクレールの制作プロセスを紹介いたします。
1. デザインの原画 制作する作品のデザイン画を描きます。
2. 下絵の制作 原画をもとに原寸大の下絵を描きます。
3. ガラスカット 素朴でシャープな力強い光を表現するために、厚さ約3cmのガラスをハンマーで彫刻のようにカット。特徴として、光を乱反射させるためにシェルカット(貝殻の形)を施します。
4. 位置取り 下絵をもとに、カットしたガラスを配置します。
5. 砂埋め 構図が決まれば、砂を隙間に入れて固定のための準備をします。
6. 樹脂による接合 特別に調合された樹脂を埋め込み、ガラスを接合。
7. 作品の研磨 樹脂の硬化後、全体に研磨作業を施します。よりいっそうガラスの輝きが増すように、カットを施したガラスを丁寧に磨きあげます。この仕上げによりガラスは本来の力強さを取り戻し、よりいっそう、輝きを増します。
8. 施工 施工業者の方々により、建物に作品を取り付けます。
9. 完成