Access
January 1st 2015

artfair2013_1

 

3月21日(木)のプレビューから3月24日(日)まで、東京国際フォーラム展示ホールで
開催されたアートフェア東京2013は大盛況のうちに閉幕いたしました。
国内外140以上のギャラリーが参加し、古美術、工芸品から日本画、洋画、現代美術まで時代とジャンルを超えた作品が展示販売されました。さらに会場では、さまざまなプログラムが催され、その中には、子どものためのワークショップもあり、参加した子どもたちの笑顔がとても輝いていました。アートの魅力を存分に堪能できるフェアでした。

Gallery Jiku22では、グラスアーティスト三浦 啓子の個展として出展いたしました。期間中多くの方にご来場いただき、盛況のうちに「三浦 啓子展」を執り行うことができました。ご来場いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。
今回は、テーマ「悦び」をブース全体でインスタレーションし、流れる光を表現いたしました。大胆にカットされたガラスは素朴で力強く、分厚いガラスから射す光は大らかで温かくコンクリートとアルミニウムのブロックの中で、それぞれの光の質感を醸し出していました。
三浦啓子が生み出す光の芸術に足を止めて見入る方も多く、初めてご覧いただいた方の中には涙を流される方もおられました。さまざまな出会いがあり、また多くの経験の中でさらなる飛躍に繋がるフェアでした。


artfair2013_2


delisht_b