BLOG
ブログ

河合 正光(磁器)× 平田 尚加(写真画) 『-光と影- 二…

厚すぎず、薄すぎず、手に持ってここちよい具合というものは、 磁器の生命線と考えています。 そしてフォルム・色合いを大切にしながら焼き物作りをしています。 (河合)   自然の中に躰をおき、光と影がおりなす風景をカメラのフレームの中に切り取る。 その時、その場所で感じた思いをモノクロの世界で表現しております。(平田) 展覧会では、「光と陰」 表…

続きを読む>>

2013年09月01日

カテゴリー:

『佐々木麻こ展』 ー夢で逢えたらー 2013年5月25日(土…

版画家 佐々木麻こさんは、鮮やかな色彩と詩的な作風で美しくモダンで夢のような世界を 描き続け、2011年5月急逝、70年の生涯を閉じられました。 京都市立美術大学西洋画科を卒業後、スペイン王立サンフェルナンド美術大学でデッサンを、パリ国立美術大学でリトグラフの技法を学び、版画家として数多くの作品を発表されました。 例えば、ワコールのラウンジウエアのデザインやNHKテレビの連続ドラマ「…

続きを読む>>

2013年05月13日

カテゴリー:

子どもアートプログラム ーアートで育てる、こころとからだー …

4月に始まりました「こどもアートプログラム」には4歳から小学校6年生までの子どもたちが、ギャラリーの館内でアートの探検をしたり、じっくり小さな絵を描いたり、出来上がった作品を皆で感想を語り合ったりと、子どもたちがキラキラ目を輝かせて、とても楽しい時間を過ごしました。 5月のこどもアートプログラムは、ギャラリーで開催中の「三浦啓子展 -悦び- 」をテーマにア…

続きを読む>>

2013年04月23日

カテゴリー:

Exhibition PartⅡ 『三浦啓子展』- 悦び …

2013年3月22日(金)ー 24日(日)まで 東京国際フォーラムで開催されました アートフェア東京2013が閉幕致しました。 Gallery Jiku22のブースにも多くの方にご来場 いただき、作家 三浦啓子の作品をご高覧賜り 誠にありがとうございました。 皆様のおかげをもちまして大盛況のうちに 「三浦啓子展」を執り行うことができましたことを 心よりお礼申し上げます。 今…

続きを読む>>

2013年04月02日

カテゴリー:

子どもアートプログラム ーアートで育てる、こころとからだー …

Gallery Jiku22では、アート教室に新たな講座 「子どもアートプログラム」が4月から始まります。 このプログラムは絵が上手になることが目的ではなく、アートを通して今よりちょっと自分を好きになってもらうこと。アートを味わい、楽しむことができる 子どもを育てることを目指しています。 また、子どもアートプログラムでは、いろいろな作品を制作したり、ギャラリーという場の特性…

続きを読む>>

2013年03月03日

カテゴリー:

1 3 4 5 6 7 24