白百合女子大学 聖堂

実績一覧へ戻る

  • 白百合女子大学 聖堂1
  • 白百合女子大学 聖堂2
  • 白百合女子大学 聖堂3
  • 白百合女子大学 聖堂4
  • 白百合女子大学 聖堂5
  • 白百合女子大学 聖堂6
  • 白百合女子大学 聖堂1
  • 白百合女子大学 聖堂2
  • 白百合女子大学 聖堂3
  • 白百合女子大学 聖堂4
  • 白百合女子大学 聖堂5
  • 白百合女子大学 聖堂6

白百合女子大学 聖堂

Shirayuri Women’s College

 

1987

≪真理≫

Truth

東京都調布市緑ケ丘

山下設計

聖堂左右壁画

W700cmxH600cmの左右

(GRCとのジョイント)他16ケ所

撮影 村井 修

 

- 真理 -

建築空間の中で、光部分は、知的構成の

場であり、影部分即ち壁面は、それを受け

止める母なる愛の部分でもある。作品をとお

して、変化に富んだ美しい日本の光(風のさ

さやき雲の動き、そして花の香りをも含んだ

この光)を内部に導入し、そして、その光が

床に反射し、もう一度沸き立ち発酵して光の

中で、人々を大きく抱きかかえる様な空間を

創り出したかった。真理を求める若人の聖

堂、祈りの場こそこの空間である。

私は道であり、真理であり、命である。

(ヨハネ伝14-6)

 

Truth

Within the architectural space, the

portion of light can be said to be an

intellectual construction, which the

dark shadowy portion,or wall,could

be said to be motherly love which

supports and embraces the light,I have

been wanting to produce such a space

in which the subtle and changeable

Japanese sun light, affected by the

rustling wind and floating clouds and

the scent of flowers,comes from

outside,penetrating the glass and then

reflecting against the floor and rising

and boiling in a ferment,forming itself

in an embracing space within the

architecture. The space thus formed,is

a cathedral, fitted for those young

students who sincerely and earnestly

seek for the truth.

“I am the way,and the truth,and the

life.”

[John 14: 6]

< 前へ戻る

お問い合わせ